第1部会(現代文)

第1部会 現代文講演会

「教育を哲学する」 竹田青嗣 早稲田大学教授

このたび第1部会では、哲学の最前線でご活躍の竹田青嗣先生(早稲田大学教授)をお招きし、下記の講演会を開催することになりました。

現代文で必須の「近代」「近代社会」の切り口からお話いただき、「竹田哲学」や「哲学の現在」に触れる得がたい講演になると確信しています。
奮ってご参加お願いしたします。

タイトル
「教育を哲学する」
講師
竹田青嗣 早稲田大学国際教養学部教授(哲学者・文芸評論家)
日時
平成23年3月4日(金) 15:00~
内容
14:30 受付
15:00 講演
16:30 質疑応答
17:00 諸連絡
場所
大阪大学中之島センター 7階セミナー室

大阪市北区中之島4-3-53 Tel:06-6444-2100

  • 地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅より 徒歩約16分
  • 地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅より 徒歩約10分
  • 京阪中之島線「中之島」駅より 徒歩約5分
申込先
豊中高等学校 能智憲二
FAX : 06-6854-8086終了いたしました
連絡先
豊中高等学校 Tel:06-6854-1207

※当日の会場は100名定員のため、参加者は先着100名に限らせていただきます。
  定員になり次第、当サイトにてお知らせ致しますので、ご確認の上お申込み下さい。

竹田先生からのメッセージ

どんな「社会」も自らを再生産し、修正し、向上させるために「教育」という制度をもっている。子供たちを文化的、社会的存在へと育て上げること、それが教育のもっとも重要な役割であって、教育なしに社会の存続はありえない。しかし、「近代社会」は長い人間の歴史の中で、とくに独自の意義と独自の本質をもっている。現在の教育の役割とその本質を考えるために、まず「近代社会」の本質を理解することからはじめてみたい。

第3部会行事予定へ

PageTop