第1部会(国語教育)

教材研究集会

大阪国語教育アセンブリー2013 - ことばの力で生き抜くために -

本研究会では「授業力」向上をめざして、公開研究授業、国語土曜塾、講演会などさまざまな側面から相互に学び合う機会をつくろうと企画しているところですが、このたび国語教育を実践する者同士が確かな目標と先進的な実践事例を学び合い、共有し合う場として「大阪国語教育アセンブリー2013」を大阪府立今宮高校と共催で開催します。
「アセンブリー」には「目的を持った集まり」という意味があります。国語教育の自主的な集いとして、有意義な、豊かな会にできればと考えています。多くの方々がご参加下さいますようご案内申し上げます。校務ご多用の折とは存じますが、貴校の先生方にご紹介いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

日時
平成25年8月3日(土) 14:00~17:00 (13:30~受付)
場所
大阪府立今宮高等学校 多目的ホール・会議室他

大阪市浪速区戎本町2-7-39 Tel:06-6641-2612

  • 地下鉄御堂筋線「大国町」駅より 南へ300m
  • JR・南海各線「新今宮」駅より 北西へ300m
内容
14:00~15:10 開会・全体会
概要説明
小山 秀樹(今宮高等学校)
問題提起 〈何のための国語教育か〉
講師:桝井 英人(北野高等学校)

協議参加:音無 幸子(懐風館高等学校)、辻 陽史(岸和田高等学校)、京都教育大学大学院生

15:10~15:30 休憩・移動
15:30~16:30 分科会(ワークショップ) 〈教材の発見〉
第1分科会 〈評論の発見〉 漱石の「現代日本の開化」をどう教えるか
講師:吉澤 久良(高津高等学校・指導教諭)

漱石の代表的評論『現代日本開化』を実際にどう教えたかを報告します。授業で使用したプリントを使って、具体的発問やまとめ方もまじえて説明します。論理的文章の解読についてどう指導すればよいかという方法にも多少ふれる予定です。

第2分科会 〈小説の発見〉 小説の授業をどうする?
講師:鈴木 寿(島本高等学校・指導教諭)

小説には、それぞれの作品の世界があり、魅力があります。しかし、具体的な教材に入る前の一時間目に、共通の観点(読み方)を整理することも重要です。小説の授業の一時間目と二時間目をイメージして、『こころ』をはじめ、いくつかの作品をとりあげます。

第3分科会 〈読書の発見〉 ライトノベルは教材になるか
講師:蝉川 夏哉(ライトノベル作家)

「山月記」をライトノベルとして書き直したら?-よく聞くけれど、ライトノベルって何なの?教科書に載る小説とライトノベルはどう違うのか。ライトノベルは読書指導や国語教育の対象となるのか。現役のライトノベル作家と考えます。

第4分科会 〈古典の発見〉 ことばで切り拓く古典の世界
講師:永田 里美(西寝屋川高等学校)

「児のそら寝」は『国語総合』に数多く採択されている定番教材です。入門編として軽く読み流されがちな作品ですが、ことばの一つ一つに着目することで、文化的価値観を考察するきっかけを作りたいと思います。

第5分科会 〈表現の発見〉 表現活動とICT
講師:桝井 英人(北野高等学校)

パソコン、ネットワーク…情報環境を、ことばの学びにどう生かしていくか。国語表現での利用を中心に、可能性と課題を考えます。大阪府学校情報ネットワークの端末を使って、実習します。

16:40~17:00 全体会(ワークショップ報告)・閉会
参加費
無料
申込先
7月31日(水)までにFAX、または今宮高校お申込みフォーム
よりお申込み下さい

FAX : 06-6645-7608終了いたしました
今宮高等学校 小山 秀樹 宛

連絡先
今宮高等学校 小山 秀樹 Tel : 06-6641-2612
主催
大阪府立今宮高等学校・大阪府高等学校国語研究会
協力
大阪府教育委員会(依頼中)
講師紹介
桝井 英人(ますい ひでと)
1962年大阪府生まれ。大阪府立高校で国語教育の実践を重ねる一方、「国語力」観の史的研究を通して現代のことばの課題について発信を続けている。著書に『「国語力」観の変遷』。
蝉川 夏哉(せみかわ なつや)
1983年大阪府生まれ。大阪市立大学文学部卒。会社勤めの傍ら、『邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか』でデビュー。6月にその続編を刊行。

各部会行事予定へ

PageTop