第1部会(国語教育)

教材研究集会

大阪国語教育アセンブリー2017 -ことばの教育の定位と挑戦-

本研究会では「授業力」向上をめざして、公開研究授業・国語土曜塾・講演会などさまざまな側面から相互に学び会う機会をつくろうと企画しているところですが、このたび国語教育を実践する者同士が確かな目標と先進的な実践事例を学び合い、共有し合うことをめざして「大阪国語教育アセンブリー2017」を大阪府立今宮高校と共催で開催いたします。
5回目を迎えた今年度は、「ことばの教育の定位と挑戦」をテーマに、大田堯氏のビデオレター、府川源一郎氏(日本体育大学)、山元隆春氏(広島大学教授)という国語教育の第一線の研究者にご講演いただきます。また4つの分科会では、全体会を受けて「ことばの教育の挑戦」を探ります。
「アセンブリー」には「目的を持った集い」という意味があります。国語教育の自主的な集いとして有意義な、豊かな会にできればと考えています。校務ご多用の折とは存じますが、多くの方々にご参会いただけますようお願い申し上げます。

日時
平成29年7月29日(土) 13:00~17:00開催要項はこちら
場所
大阪府立今宮高等学校 多目的ホール・会議室他

大阪市浪速区戎本町2-7-39 Tel:06-6641-2612

  • 地下鉄御堂筋線「大国町」駅より 南へ300m
  • JR・南海各線「新今宮」駅より 北西へ300m
内容
13:00~13:20 受付
13:20~13:30 開会・概要 小山 秀樹(今宮高校 指導教諭)
13:30~15:00 全体会〈 ことばの教育の定位を探る 〉
ビデオレター大田 堯(教育学者)
講演府川 源一郎(日本体育大学 教授)
   山元 隆春(広島大学 教授)
進行島﨑 英夫(大阪教育大学 教授・本会前理事長)

大田 堯(おおた たかし) 】
教育学者 1918年生。東京大学名誉教授、都留文科大学名誉教授。日本子どもを守る会名誉会長。専攻は教育史、教育哲学。現在も講演や執筆にエネルギッシュに取り組んでいる。
著書は『教育とは何かを問いつづけて』(岩波新書1983)『大田堯自撰集成』(全4巻・藤原書店)等多数。

府川 源一郎(ふかわ げんいちろう) 】
日本体育大学教授 1948年生。小学校での現経経験も長く、文学教育実践に関する著作もあるが、国語教材史・教科書史が研究のメインである。
著書に『文学教材単元学習の新展開』(明治図書1986)『「ごんぎつね」をめぐる謎―子ども・文学・教科書』(教育出版2000)『私たちのことばをつくり出す国語教育』(東洋館出版社2009)『明治初等教科書と子ども読み物に関する研究』(ひつじ書房2014)『「ウサギとカメ」の読書文化史』(勉誠出版2017)等多数。

山元 隆春(やまもと たかはる) 】
広島大学教授(教育学部・教育学研究科) 1961年生。大学院生のころより読者反応理論とその教授法を中心とした文学教育研究に取り組む。
著書に『文学教育基礎論の構築』(溪水社2005)『読者反応を核とした「読解力」育成の足場づくり』(溪水社2014) キーン『理解するってどういうこと?』(共訳/新曜 社2014)『読書教育を学ぶ人のために』(編著/世界思想社2015)トムリンソン『ようこそ!一人ひとりをいかす教室へ』(共訳/北大路書房2017)がある。

15:00~15:20 休憩・移動
15:20~16:20 分科会〈 ことばの教育の挑戦
第1分科会 〈 確かな場所からの挑戦 〉
根源的な自発性を問う
府川 源一郎(日本体育大学)、山元 隆春(広島大学)
松浦 早紀(桃谷高校)、堀内信雄(尼崎市立明城小学校)、西尾 俊祐(大阪教育大学 大学院生)
司会進行 : 桝井 英人(北野高校)

▼全体会のお話をふまえ、これからの実践を担う者の視点から、ことばの教育について考えます。

第2分科会 〈 古典指導への挑戦 〉
文語文法指導に依存しない古文の授業
笠原 美保子 (神奈川県立光陵高校)
司会進行 : 涔口 修司(高津高校 指導教諭)

▼古文における文法指導のやりすぎが古文嫌いを生み出す。でも、文法をやらないでどんな授業をしたらいいの?文法中心から抜け出した、古文に親しませる授業の可能性を探ります。

第3分科会 〈 新分野からの挑戦 〉
「交渉学」と「国語教育」
増田 優奈(茨田高校)
司会進行 : 鈴木 寿(箕面高校 指導教諭)

▼ことばを通じて人物の心情を汲み取る、多様な立場を尊重しながら問題解決を図る。国語の授業でも「交渉学」においても大切な要素です。交渉学とは何か、実践経験と模擬交渉を踏まえてお伝えします。その上で、国語教育での実践について皆さまといっしょに考えたいです。

第4分科会 〈 韻文授業への挑戦 〉
歌のことば〜楽しんで短歌を教えたら〜
岡田 一心(長尾高校 指導教諭)
司会進行 : 青木 雅一(兵庫県立西宮高校)

▼短歌の授業は難しい。けれども歌の言葉は素晴らしい。古今集仮名序で紀貫之が教えてくれたように歌が心から伸びる葉っぱなら、歌の言葉を敬遠しているわけにはいかない。それならいっそ楽しんでしまおう。ふっきれば、本当に豊かな世界が待っている!かもしれない。歌の言葉に挑戦します。

16:30~17:00 全体会(分科会報告・連絡)・閉会
参加費
無料
定員
200名
申込先
7月27日(木)までにFAX、または今宮高校Webサイトよりお申し込み下さい

FAX : 06-6645-7608終了いたしました
今宮高等学校 国語科 小山 秀樹 宛

連絡先
今宮高等学校 国語科 小山 秀樹 Tel : 06-6641-2612
URL
「大阪国語教育アセンブリー」
ブログ https://www.osaka-c.ed.jp/blog/imamiya/asm/
facebook https://www.facebook.com/osakaasm/
主催
大阪府高等学校国語研究会、大阪府立今宮高等学校
協力
大阪府教育庁

各部会行事予定へ

PageTop