第1部会(国語教育)

国語土曜塾

第1回「国語土曜塾」開催中止のお知らせ

この度、大阪府において「緊急事態宣言」が発令されました。それを受けまして、まことに遺憾ですが1月30日開催の「土曜塾」を中止といたします。コロナ禍の中でも、現場に密着した高校の国語科授業について互いに研鑽を深める機会を設けたいという趣旨で計画を進めてきましたが、やむなく判断したしだいです。今後の状況を見ながらになりますけれども、今回予定していた実践発表等については、ぜひともまた改めて発表の機会を設けたいと考えています。

本研究会においても、残念ながら予定の行事を開催できない状態が続いたままで今年度を終えようとしています。令和4年度には高等学校学習指導要領全面実施、ならびにそれと連動した観点別学習状況評価の実施を迎えます。特に国語科における改革の度合いは大きくなることは確実です。現場でがんばっておられる会員各位とともに、本研究会では日々の授業実践を大切にしながら、新しい国語科教育のあり方の研究に来年度も取り組んでまいります。

しばらくは厳しい状況が続くかもしれませんが、感染症対策をしっかりとしながら、皆様とともに府下の高等学校、支援学校の国語科教育をいっそう充実させていきたいと考えておりますので、今後とも本研究会へのご理解とご協力をお願いします。

本研究会では教員同士が学び合う機会として「国語土曜塾」を開催しております。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、当初予定しておりました春・秋頃の土曜塾を中止せざるを得ませんでした。ですが、過去に例のない現在の状況のなかで、先生方は毎日熱心な実践を続けておられることと思います。そんな先生方の実践の交流の場、ヒントを得る場になればと考え、本会を開催することにいたしました。感染対策を十分に行った上での実施を予定しておりますので、奮ってご参加ください。
今回は3名の若手の先生から実践報告と「コロナ禍から学んだこと」と題した情報共有をセットしました。参加される皆さんとの率直な意見交換を通して今回もまた、毎日の授業のヒントを多く得ることのできる実りの多い会になればと思います。
校務ご多用の折とは存じますが、貴校の先生方にご紹介頂きますようご配慮の程よろしくお願い申しあげます。

日時
2021年1月30日(土)14:00~16:30開催要項はこちら
場所
大阪府立今宮高等学校 多目的ホール(本館2F)

大阪市浪速区戎本町2-7-39 Tel:06-6641-2612

  • 地下鉄御堂筋線「大国町」駅より 南へ300m
  • JR・南海各線「新今宮」駅より 北西へ300m
内容
13:30~14:00 受付
14:00~14:10 開会・概要説明
小山 秀樹(今宮高校)
14:10~15:50 実践報告・意見交換
司会進行:
甲田 菜津美(布施北高校 教諭/教職経験4年)
実践報告Ⅰ
「オンライン授業実践及び対面授業への応用」
長谷部 修平(高津高校 教諭/教職経験2年)

▼今年度の4,5月、高津高校の授業はオンライン形式で始まりました。生徒の姿が見えない中で、どのような授業デザインがふさわしいのか、模索の日々でした。ICT環境の格差や授業の形式、実際に使用したツールなどをまじえて報告いたします。そして、それらの技術を現在の対面授業にどのように活用できるのか。来たる1人1台端末に備えて国語科として何ができるのかを皆さまと共に考えるきっかけになれば幸いです。

実践報告Ⅱ
「単元のねらいを意識した授業と評価」
岩尾 淳未(鳳高校 教諭/教職経験2年)

▼生徒が教材のテーマについて「自分の考えを深められる授業」を目標にした実践です。授業・評価の作成につきましては、観点別学習状況の評価に関する研究の一環として、指導主事に助言をいただきながら進めてまいりました。作成過程でどのようなことを感じたか、生徒の反応なども含めて皆様とお話ししながら、今後の評価について一緒に考えていただければと思います。

実践報告Ⅲ
「反抗したっていいじゃない~真に主体的な授業をめざす実践」
伊藤 光史(門真西高校 教諭/教職経験6年)

▼生徒が「反抗」したらそれは即刻「指導」すべきでしょうか。反抗の中には「それっておかしいじゃないか」という問題提起の芽があるように感じます。私は休校期間中、生徒に「おかしいことにはおかしいと言っていいのだ」というメッセージを送りました。言ったからには自分もやるしかない。それを「国語」の授業で実現していくために奮闘した、今年度の授業実践についてお話させていただきます。

質疑と共有
「コロナ禍から学んだこと」

▼参加者の皆さんから実践報告についての質疑、感想やアドバイスをいただきたいと思います。
また、今年度は休校や授業のオンライン化など異例続きの1年でした。当たり前だと思っていたものが当たり前でなくなる、そんな日々でした。コロナ禍に感じたこと、各学校の状況や今の悩みなど、ざっくばらんに発言していただきながら、今後の国語教育について語り合いたいと思います。

16:00~16:30
交流・情報交換
「国語の授業、こんなふうにやってます、こんなことはどうしています?」

▼引き続き、相談、情報交換会を行います。「質疑と共有」で聞けなかったこと、些細な悩み、いろいろなことを聞いたり話したりして、元気が出ること間違いありません。

お願い
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からマスク着用をお願いいたします。また当日は検温とアルコール消毒にご協力ください。
今後、感染の状況や府教委からの要請等に応じて、本会を余儀なく中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。なお、その際は当Webサイト、今宮高校Webサイトにてお知らせいたします。
申込先
1月29日(金)までにFAX、またはメールにてお申し込みください。メールの場合は氏名・所属・連絡先を必ずご記入ください。

FAX : 06-6645-7608FAX申込書はこちら
メール : T-KoyamaHidek@medu.pref.osaka.jp

大阪府立今宮高等学校 小山 秀樹 宛

※今回の国語土曜塾は完全予約制とさせていただきます。
 必ず申し込みをお願いいたします。
 なお、先着40名を定員とします。

※実践報告のみの参加も可能です。備考欄にご記入ください。

連絡先
大阪府立今宮高等学校 小山 秀樹 TEL : 06-6641-2612

PageTop